住宅ローン申請の流れを把握

手続きの多い住宅ローン申請

住宅ローンとは宅地の取得だったり住宅の新築や改築をするために金融機関から必要な資金を借りることです。 しかし、借りるといってもその額というのは高額になってきますから、手続きもたくさんありますし、審査も厳しいものとなっていきます。

ですから、初めてローンを申し込むにはある程度の流れを把握し、申込時期に遅れないようにしなくてはなりません。 初めてローンを申し込む際の基本的な流れですが、まずは金融危難に行き、ローンの申し込みをします。 それから事前審査となり、これには大体2〜3週間ほど時間がかかってきます。

この審査では申し込みをした人の支払い能力や信用度を審査していきます。 それに見事通過したら、今度は売主との売買契約となり、本審査に必要な売買契約書をいただきます。 それから本審査となり、これにはおおよそ1週間ぐらい時間がかかってきます。 事前審査よりも厳しい審査となっていきますので融資審査の本番と言っても過言ではないでしょう。

本審査を通過したらローン契約を結び、ローンが実行されていきます。 これから初めてローンを申し込むとなると大体、こういった流れで進んでいきますので良く覚えておいた方が良いでしょう。

Copyright (C)住宅ローン審査落ちの理由! All Rights Reserved