住宅ローン審査に落ちてしまった理由とは?

こんなとき住宅ローン審査に通らない

インターネットで住宅ローン関係のことを調べてみると住宅ローン審査落ちたという人のコメントを目にします。 そういった人はどうして審査に落ちてしまったのか、理由というのは銀行側は教えてはくれませんが憶測でいうと色々と浮かび上がってきます。

まず、勤続年数です。 この勤続年数が一年未満の人はやはり審査も厳しくなってきますし、三年未満の人でもやや審査は厳しくなってくるかと思います。 また、勤務している会社の経営状態も関係してきます。他にも借金額及び返済比較や担保となる物件の評価額や多重ローン、頭金の有り無しも審査の対象になります。この中のどれかが原因となる住宅ローン審査落ちたという人も多いのではないでしょうか?

ちなみに過去のローンで完済しているものは住宅ローン審査の対象にはならないそうなので安心してください。 まずは借り入れなどをしている人はきちんと完済しないと、そのことが大きく審査に影響してくるのできちんと完済しておきましょう。

通常、住宅ローン審査落ちた際の理由として、車などのローンが関わってきますが、他にもクレジットやカードローンなども対象に入ってきます。 そのカードで延滞が2回以上連続して起きてしまった場合や転職の多い人などは住宅ローン審査が難しいとされています。 他にも消費者金融での借り入れをしていた過去があったり、ローンの残りなどがある場合にはまず審査には通らないでしょう。

だからといって多数の銀行に審査をし、落ちているとそういった情報というのは金融機関でまわっていってしまいます。 ですから、闇雲にいろいろな銀行に審査をしない方が良いでしょう。

大体、過去の個人情報が消えるまで5年か7年ぐらいは時間が必要になってきますので、それから再度、住宅ローンの審査をしてみてはいかがでしょうか? 住宅ローン審査に落ちてしまった原因にはさまざまなことがあげられていますので、まずは自分で心当たりのあるものから少しずつ解決してみてください。

車のローンがあるならば、まずはそれを支払い、キャッシュ残高があるならばそれを完済していきましょう。 そうやってローン審査に落ちてしまうような原因を解決していけば住宅ローン審査にも通過やすくなっていくと思います。 住宅購入というのは一生に一度の大きな買い物となっていくのですから慎重に、自分の現在の状況を見直し、それからローン審査をしていくのが懸命な判断だと思います。

 

住宅ローン審査に通りやすい銀行はどこ?申し込みの注意点

住宅ローン審査通りやすい銀行等に申し込みを検討している方や既に申請されている方も、住宅ローン審査通りやすい銀行やこの情報を知っているかどうかで10年後に得する申し込まないと損する住宅ローン減税の方法をお教えしたいと思います。

申込みをされた方は年間で約30万円の住宅ローン控除も可能なので、今すぐ住宅ローン減税の確定申告が可能か問い合わせをしたらいいと思います。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、もしくは中古住宅を買った方ですね。

10年以上のローン期間が残っているのが条件!その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方もまずは実際に住宅ローン審査通りやすい銀行や信用金庫利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、今月中に申込みをされると特典もあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

気になる銀行があるなら問い合わせをしてみたり足を運んだりしてみてもいいですね!今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、今注目されている銀行がどのような住宅ローンを提供しているのか分らず、審査通りやすい住宅ローンはどこか・・・等迷っているという方がとても多いのが現状です。

ただ第三者である銀行の担当者の意見を聞いてから、お金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多く無料で相談できる場合もあるので調べてみてはいかがでしょうか?自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

マイホームの資金のために用意するのが住宅ローンです。

住宅ローンの申し込みは銀行や信用金庫でできますよ。

申し込みの時には、銀行側から言われた必要資料を用意します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

なので、審査通りやすく住宅ローン申込をすれば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

厳しいので不合格になってしまう人もたくさんです。

気になるその基準ですけれども、一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫で審査を受けなければいけません。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても慎重に行われます。

審査通ったかどうかの合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査通りやすいという口コミもある銀行でも審査結果によっては、ローンを組む事は出来ません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

そして気になるのが『諸費用』!こちらは借りる額によって人それぞれなんですよね。

でも事前に銀行側から支持があるので心配いりません。

一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

土地を相続したのでこの機会に家を建てようかと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるのでどうせなら住宅ローン審査通りやすいところで評判が良い所を選びたいですよね。

参考:住宅ローン審査基準が甘い銀行は?審査通りやすい?【年収の基準】

その時参考になるのが、インターネットの口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく従業員の態度や店の雰囲気まで細部まで観察し、自分が思ったことを詳しく記載しているところもあるので契約を良いものにしたい人には大変貴重な良い参考になるかと思います。

考えたくはありませんが住宅ローン審査通りやすい銀行で借りれたとして、その返済が残っているのに離婚する事になったらどちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、判定してもらった金額がローンより安ければ、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

よく話し合ってお互いが後悔のない決断をしたいものですね。

住宅ローンを組む際、頭金のことをちゃんと考えていますか?頭金は一切かかりません!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、金利が高くなって返済額が多くなり、審査も厳しいといわれます。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと審査も通りやすいし良いと思います。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な書費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からどちらが審査通るとか金額的に良いなどとお薦めなどはありません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、金利のタイプによって審査の通りやすいかどうか違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

自分だけの家が欲しい!と思ったときに役立つものとして住宅ローンがあります。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですがまず不動産屋に行く人が多いと思うのでその会社で協力している審査通りやすいような銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは審査通らない・通りにくいという傾向が強いようです。

マイホームを現金で購入する。

といったパターンは世間的には数少ないでしょう。

多くの方は銀行等から審査通りやすいとか金利が低い等、希望する住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

借金の支払いをするとき、何が一番大変か?という事を聞くと毎月の返済に関して大変に思う人がたくさんいます。

返済は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますししかも、突然いろいろなアクシデントが起こるのが人生なのであるとき突然予兆もなく病気に倒れる可能性もあります。

そのため、慎重に考えてから住宅ローンの申し込みをしてください。

建売住宅の購入を考えていらっしゃる方も多いはず。

手に入れるにはまず審査通りやすいとか金利が低い等の住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。

ローンの申し込みをする際は、審査に通らなければいけません。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

金利の決定はローンが実行されるときの金利になります。

諸費用は、数十〜百万円程度が一般的で借入金額によって上下します。

住宅購入を考えても実際に住めるようになるまでこれらの内容を1つ1つチェックしていかないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3〜4カ月後だと言われています。

住宅ローン契約の時、審査通りやすい銀行でめでたく審査に通るとなったら、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分で保証料を負担する必要がないため、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

住宅購入でで初めに思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

全体的に、金利がお得・審査通りやすい等、自分の望む条件を満たした銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この団信生命保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンが0円になる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

家を建てるとなるとCMなどで人気の住宅ローンとか住宅ローン審査通りやすい銀行など迷うもの。

どこを選択しようか迷っている方も多いのですが固定金利もしくは変動金利ってどちらがいいんでしょう?なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は全体の約40%の方が利用しているとい調査結果もあるようですね。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

 

Copyright (C)住宅ローン審査落ちの理由! All Rights Reserved